ルート権限までをも含めたユーザのアクセス管理を可能に

ルート権限も含めたアクセス管理を可能に

PowerBroker


サーバアクセス管理・ログ取得ツール

PowerBroker

概要


PowerBrokerは、UNIX/LinuxおよびWindowsサーバのアクセス管理・ログ取得ツールです。
アクセス管理機能は、ルート権限までをも含めたユーザのアクセス管理を可能にします。ユーザには、それぞれが業務上必要とする機能のみを、許された時間帯のみに、アクセスできる権限を委譲します。

ログ取得機能は、「いつ」「誰が」「どの」アクセスを承認または拒否されたかを記録し、そのアクセスが「どこから」行われていたかを記録します。
PowerBrokerは不正アクセスを「防御」かつ「検知」し、確実な「監査証跡」として保存することにより、大切な情報を漏洩の危険性から守ります。

特長


ポリシー定義情報の集中管理と安心設計


不正アクセスの検知と防御

  •  複数のサーバのアクセス制御情報を一元管理
  •  フェールオーバ機能で障害の自動復旧

充実したログ管理


集中ログサーバ設置による複数サーバログの一元管理

  •  ブラウザベースGUIによるログの閲覧
  •  リアルタイムのリモート監視も可能
  •  イベントログとキー操作ログのリプレイ表示(GUI / CUI)

既存システムに一切負担をかけずに導入可能


カーネルへの変更がなく、運用が安全

  •  製品導入によるシステムへの影響がないため、システム全体のテストが不要
  •  導入・アップグレードに伴うリブートがないため、作業の中断がない
  •  他製品の導入・アップグレード時でも関連テストが不要

機能


  •  業務内容ごとに分割した必要最小限の権限設定
  •  安全な環境による2種類のログ管理機能
  •  緊急時におけるキー操作ログのReplay機能
  •  ファイル、ディレクトリの保護
  •  プログラムの実行制御
  •  日付・曜日・時間帯による利用制限
  •  電子メール・集中監視システムによる監視

イベントログとキー操作ログのリプレイ表示


イベントログとキー操作ログのリプレイ表示