脆弱性とコンプライアンスを総合管理

脆弱性とコンプライアンスを総合管理

Retina CS


脆弱性管理ツール

PowerBroker PasswordSafe

概要


Retina CSは、セキュリティリスクの発見、優先順位付け、修正、レポートを統合した、脆弱性およびコンプライアンスを総合管理する唯一のソリューションです。Retina CSは、脆弱性ライフサイクルの管理をタイムリーに行うことが可能で、組織で発生するリスクを軽減します。
Retina CSを利用すると、セキュリティ担当者は、ウェブコンソールを使い組織全体のITセキュリティを一元管理することができます。このため、セキュリティリスクの発見、優先順位付け、そして修正が効率的に行えます。

BeyondTrust社は業界初、脆弱性スキャナを市場に出した企業であり、企業の規模を問わず10年以上に渡り一貫して脆弱性ライフサイクルのソリューションの管理ソリューションを提供してきました。その高い信頼性により、米国国防総省は10年間連続でRetina CSを採用し、日本国内でも500社以上(スキャナー単体契約含む)の導入実績を誇ります。

特長


トータルなセキュリティ管理


企業が持つ物理・仮想・モバイル環境の全ての資産を一元的に管理

  •  PCクライアント、サーバOS
  •  ネットワーク機器、プリンター等のハード
  •  仮想アプリケーション
  •  データベース
  •  クラウドシステム
  •  仮想アプスマートデバイス

重大な脆弱性は24時間以内に情報を更新


重大な脆弱性が発見された場合、業界屈指のリサーチチームが脆弱性をリアルタイムに解析し、その情報を迅速に提供

脆弱性の検出・改善・レポートを効率的に実行


対象ホストのプロトコルやOSを検出し、ターゲットを正確に分類することで、スキャンを徹底的に効率化

機能


 一元化されたセキュリティ管理

物理・仮想。モバイル環境とIT資産も含むIT環境でのセキュリティリスクに関する情報を1つの画面で見ることができます。

 柔軟なリスク指標

変化する業務や資産、リスクの傾向は、CVSS(Common Vulnerability Scoring System)で評価し、指標を出します。

 幅広いエクスプロイト検証

ある脆弱性が、Core Impact、Metasploit、Exploit-db.comなどと関連したエクスプロイトであるか検証し、リスクの優先順位付けを向上させることができます。

 攻撃やマルウェアに関する情報の統合

サードパーティのソリューションに由来したものも含むマルウェアと攻撃のデータを見て、資産のリスク優先順位付けを行うことができます。

 管理と技術のレポーティング

図やグラフを使ってすぐに評価や対処、保護などを行えるよう、簡単に読み取れる形式で企業全体のセキュリティレポートを作成します。

 高度な資産関連付け

イベントを日付や時間の範囲、深刻度、資産、攻撃の方向、脆弱性などによってふるい分けます。

 高度なグループ分け

インストールされたソフトウェアや実行している処理など、ある対象の属性に基づいて、動的に資産グループを割り当てます。またはウェブサーバやオペレーティングシステムなど、共通の役割に対してあらかじめ定義されたグループを使います。

 高度なルール設定

実行しているオペレーティングシステムやオープンポート、サービスなど、発見した資産の特性に関連する業務データの活用に関する規則を作成します。

 高度な対象化
インストールされたソフトウェアやその他、一覧表になった資産基準に基づき、評価調査の対象を決めます。