BeyondTrust一覧

BeyondTrust、2021年Gartner PeerInsightsの特権アクセス管理分野の”Customer’s Choice”に

Gartner Peer Insightsの"Customer’s Choice"の選定は、BeyondTrust製品の購入、実装、使用を経験したユーザー企業の専門家のフィードバックと評価に基づいています。BeyondTrustは5段階中4.5の総合評価を獲得しレビューアの90%が「推奨する意欲」に言及しています。

予防的なPAM防御でLightBasin(UNC1945)他の進化した攻撃に対処する

CrowdStrike社はLightBasinグループによるサイバー攻撃の分析レポートを公表しました。1.CrowdStrikeの対LightBasin7つの推奨保護をSANS CIS制御と紐づけ 2. 三つの追加制御を見極め紐づけ 3. この3つの攻撃戦略からのBeyondTrust製品による保護を説明します。

2021 Gartner Magic Quadrant for Privileged Access ManagementでBeyondTrustを3年連続でリーダーに選定

2021年のGartner Magic Quadrant for Privileged Access Management が発行され、BeyondTrustは3年連続で「リーダー」に選定されました。10社のPAMベンダーの実効性の能力、ビジョンの完成度などが評価され、何十もの項目での詳細評価レポートがされています。

特権アクセス管理(PAM)を用いたセグメンテーション手法

セグメンテーションは基本的なアーキテクチャ上の手法であり、資産、身元情報、アプリケーション、クラウドサービスなどの隔離を行い、水平方向に移動する脅威を軽減し、境界をまたぐ境界線を減らします。コンプライアンス戦略の多くが、データや他のリソースを保護する主な制御方法としてセグメンテーションを義務付けており、セキュリティのためのネットワークセグメンテーション、マイクロセグメンテーション、ゾーン手法は、その場のセキュリティを無条件に信用しないゼロトラストの環境とアーキテクチャを実現するための基本原則です。

サイバー攻撃者が悪用する、変わりつつある「最も楽な道」にどう対処すべきか

データや資産への攻撃として最も楽な道(POLR)は変わりつつあり、ITリスク管理の計算方法や保護についての優先順位も変化が必要です。攻撃の対象領域がどう変化し、これにより、なぜPOLRが変化しつつあるのか、物理的・サイバーセキュリティの見直しはどうなるか、ベストプラクティスがどう進化するかを探ります。

BeyondTrust社、セキュリティリスクに繋がる特権アカウントを検知するDiscovery Toolを無償提供

複数のリサーチ会社が特権アクセス管理分野で世界のトップレベルに位置付けるBeyondTrust社が、これらの特権アカウントに関する重要な情報を検知して提示することで、これらをプロアクティブに保護する上で必要な情報を提供する、Discovery Toolを無償で提供しています。

特権パスワード管理の解説

特権パスワード管理とは、特権を持つアカウントやサービス、システム、アプリケーション、マシン、その他もろもろに関する資格情報を安全に制御する手順と手法を指します。特権パスワード管理の最終目標は、昇格したアクセス権を与えるあらゆる資格情報を特定し、安全に保管し、一元管理して、リスクを軽減することです。今回は特権アカウントと資格情報の管理をもっと進化させるために注目すべき8つの基本領域についてのベストプラクティスを含む解説です。

Verkadaのセキュリティカメラ映像漏洩事件で露呈したIoT特権管理の盲点の危険性

3月9日、Bloombergは、Verkadaのネットワークに大規模なセキュリティ侵入があり、刑務所、病院、Teslaなどの企業で使われている150,000台の防犯カメラのライブ映像が漏洩したと報じました。この漏洩で女性専門診療所や精神病患者の施設、警察署など、機密性の高い環境のライブ映像が流出したのです。