脅威一覧

BeyondTrust社、セキュリティリスクに繋がる特権アカウントを検知するDiscovery Toolを無償提供

複数のリサーチ会社が特権アクセス管理分野で世界のトップレベルに位置付けるBeyondTrust社が、これらの特権アカウントに関する重要な情報を検知して提示することで、これらをプロアクティブに保護する上で必要な情報を提供する、Discovery Toolを無償で提供しています。

Verkadaのセキュリティカメラ映像漏洩事件で露呈したIoT特権管理の盲点の危険性

3月9日、Bloombergは、Verkadaのネットワークに大規模なセキュリティ侵入があり、刑務所、病院、Teslaなどの企業で使われている150,000台の防犯カメラのライブ映像が漏洩したと報じました。この漏洩で女性専門診療所や精神病患者の施設、警察署など、機密性の高い環境のライブ映像が流出したのです。

特権昇格攻撃と防御に関する解説

特権昇格の定義は、あるユーザを対象として権限付与された権限や特権を超えて、不当なアクセス権限を得るような攻撃といえます。この攻撃には、外部からの脅威実行者と内部者の両方が含まれます。特権昇格は一連のサイバー攻撃の中で最も重大な局面であり、通常はシステムバグや構成不備、不適切なアクセス制御といった特権昇格の脆弱性の悪用が伴います。このブログ記事では、特権昇格が行われる仕組み、特権昇格に関連する主な攻撃ベクトル、またこれを防ぎ、軽減するために実装できる重要な特権アクセスセキュリティ制御などについて説明します。

Sudo脆弱性CVE-2021-3156を理解し、どのようにUnixおよびLinux特権管理が企業を保護できるかについて考える

Qualysリサーチチームはヒープオーバフローの脆弱性、CVE-2021-3156を発見しました。これはsudoに存在し、どのような一般ユーザであってもパスワード無しでLinuxに対してroot権限を取得できるものです。たとえ「nobody」といったユーザであってもLinuxサーバにパスワード無しにアクセス可能です。

最小権限アプリケーション管理―SolarWinds Orionの事例から学んだ教訓

世間を震撼させたSolarWindsのOrionへの侵入と、その後数千に上るとみられる顧客データを流出させるのに利用された高度な国家規模の攻撃の事例でも、その背景には現在のIT技術に欠かせない特権アカウントの存在があり、この種の問題の対策の一歩目に適切な特権管理があります。

新型コロナウイルス対応でのリモートワークについての考慮点

コロナウィルスの拡散に伴い、世界中の企業が事務所を閉鎖してリモート業務を指示しています。この状況の拡散に従い、従業員の健康を守りつつ、ウィルスの拡散を避け、ビジネスの継続性の保障のためにオンラインやリモートのサポートツールへの需要が増えています。