Remote Access Solution一覧

特権アクセス管理(PAM)を用いたセグメンテーション手法

セグメンテーションは基本的なアーキテクチャ上の手法であり、資産、身元情報、アプリケーション、クラウドサービスなどの隔離を行い、水平方向に移動する脅威を軽減し、境界をまたぐ境界線を減らします。コンプライアンス戦略の多くが、データや他のリソースを保護する主な制御方法としてセグメンテーションを義務付けており、セキュリティのためのネットワークセグメンテーション、マイクロセグメンテーション、ゾーン手法は、その場のセキュリティを無条件に信用しないゼロトラストの環境とアーキテクチャを実現するための基本原則です。

サイバー攻撃者が悪用する、変わりつつある「最も楽な道」にどう対処すべきか

データや資産への攻撃として最も楽な道(POLR)は変わりつつあり、ITリスク管理の計算方法や保護についての優先順位も変化が必要です。攻撃の対象領域がどう変化し、これにより、なぜPOLRが変化しつつあるのか、物理的・サイバーセキュリティの見直しはどうなるか、ベストプラクティスがどう進化するかを探ります。

BeyondTrustのクラウド製品のポートフォリオ、SOC2コンプライアンスを達成

客観的な第三者の検証によって、顧客データに関するセキュリティと可用性、プロセスの統合性、秘密性、プライバシーが保証される。3,000件を超えるクラウドカスタマーのために、高度になった侵入の手口に対してカスタマーデータを安全に保護するというBeyondTrustの努力を反映したものだ。

新型コロナウイルス対応でのリモートワークについての考慮点

コロナウィルスの拡散に伴い、世界中の企業が事務所を閉鎖してリモート業務を指示しています。この状況の拡散に従い、従業員の健康を守りつつ、ウィルスの拡散を避け、ビジネスの継続性の保障のためにオンラインやリモートのサポートツールへの需要が増えています。