メインフレーム一覧

コンソールからスタート起動するタスクにPROTECTED属性を設定していますか?

通常コンソールからスタートコマンドで開始するタスクは高権限を持つ場合が多く、PROTECTED属性を付加すべきです。PROTECTED属性は、ADDUSER または ALTUSERコマンドでNOPASSWORD、NOPHRASE および NOOIDCARD(省略時)を設定した場合、自動的にこの属性となります。

Vanguard Security & Compliance (VSC) 2021 参加手記より (Part II)

Vanguard Security & Compliance (VSC) 2021は、民間企業と政府機関の両方からグローバルなサイバーセキュリティリーダーを集めて、IBMSystemz®を保護および防御するための最も完全な知識ベースのトレーニングを提供します。今回はブロードからの参加者の手記を通して情報共有いたします。

Vanguard Security & Compliance (VSC) 2021 参加手記より (Part I)

Vanguard Security & Compliance (VSC) 2021は、民間企業と政府機関の両方からグローバルなサイバーセキュリティリーダーを集めて、IBMSystemz®を保護および防御するための最も完全な知識ベースのトレーニングを提供します。今回はブロードからの参加者の手記を通して情報共有いたします。

ActiveAlerts監視機能のご紹介

「ActiveAlerts」監視機能でSIEM製品、Eメール、システムコンソールへのメッセージ通知およびSNMPへの連携などが可能です。アクセス違反、特権の権限付与、連続パスワード違反および特定ユーザのログオン追跡など多数あり、z/OSで稼動するRACF/ACF2/TSSを対象に、約20種類から選択して適用できます。

QuickGenレポートのご紹介

QuickGenレポートはAdministrator、Advisor、AnalyzerおよびOffline製品で利用できるレポート作成機能です。標準レポートのデータを自由に加工してレポート作成できるだけでなく、CSVやEメールによる出力も可能です。タグ言語(QGTL)が拡張されレポート機能が便利なツールに成長しました。

どんなに素晴らしい防御システムも “人間”という脆弱性を忘れると砂上の楼閣になる

特権管理の必要性は理解しつ、その重要性はよくわからないという声も聞かれます。今回は不充分な特権管理で起こりえる問題やシステムへの影響を考察します。ホストがインターネットがないため安全と思われがちでしたが、z/OSシステムもリモート作業が増加しておりオープン系同様に脆弱なネットワーク環境となっています。

RACF不要定義を一掃:残したままだとセキュリティホールに!

RACF不要定義とは、必要のないプロファイルや設定情報をさし、あっても役に立たない定義を言います。長い間の運用管理によって消し忘れたプロファイルと考えられ、放置しておくとセキュリティホールにもなり得るため、悪用される恐れがあるばかりか、資源の無駄遣いにもなり、早めに対処しておく必要があります。

RACFパスワードルールの設定

ユーザーIDは利用者が誰なのかを知らせるため、パスワードは本人であることを証明するために使われますが、パスワードはRACFデータベース内の値と比較してログオンが許可されます。尚、RACFデータベースには、ユーザーIDを入力したパスワードを使用し、一方向関数アルゴリズムで暗号化した値が保存されます。

Administrator新機能 SURROGAT権限の抜け穴を塞ぐ

SUBMIT権限は許可されたユーザがバッチジョブを利用して許可元の権限で業務を代行するための便利な機能ですが、この機能に意外な盲点がありました。米国企業が監査でこの問題を指摘され改善命令を受けたため、Vanguard社が新機能を強化して対応しました。SUBMIT権限を利用した問題の例を考えてみましょう!

RACFグループ構造上の秘密: SYS1権限ですべてのデータセットにアクセス

RACFグループは大変便利な機能です。グループは組織、業務、データ資源などを分類するために利用でき、グループに権限を付与することにより、ユーザ個別に権限を管理する必要がなくなるため、業務効率向上に寄与します。グループの先頭はRACF仕様によりSYS1から始まる階層構造になっていますが、意外な盲点が存在します。先ずはグループ作成の注意点から紹介します。