クラウド一覧

特権アクセスワークステーション(PAW)を使用したクラウドの保護

クラウドを保護するための一般的な方法の1つは、特権アクセスワークステーションと呼ばれる資産を通じてクラウドコンピューティング環境へのすべての管理アクセスを保護することです。管理者個人が日常で使う端末は攻撃者にとって魅力的な標的です。資格情報がここから詐取されて攻撃を開始、さらに横展開に使用する可能性があるからです。

Microsoft 365(M365)のセキュリティのベストプラクティス:管理と特権

Microsoft 365は、一般的な使用者にとって、データのセキュリティや保護はせいぜい付け足しに過ぎません。使用者は恐らくIDやデータの安全策が講じられていると思っています。今回はSaaSセキュリティとM365との関連、従来のMS Officeとの違いの考察と、M365の管理者アカウントに関するベストプラクティスについてもお話します。

BeyondTrustのクラウド製品のポートフォリオ、SOC2コンプライアンスを達成

客観的な第三者の検証によって、顧客データに関するセキュリティと可用性、プロセスの統合性、秘密性、プライバシーが保証される。3,000件を超えるクラウドカスタマーのために、高度になった侵入の手口に対してカスタマーデータを安全に保護するというBeyondTrustの努力を反映したものだ。

パンデミックがクラウド移行を加速、WEBサーバーの96%を占めるLinuxのセキュリティが重要課題に

世界のWEBサーバーの96%がLinuxで稼働しており、大企業、特に銀行、金融、オンライン小売、製造業、特にSaaSソリューションを提供する企業にとって、強固なセキュリティと高い可視性は非常に重要です。 2020年以前は、大半のランサムウェアはWindowsデバイスを標的にしていました。しかし、コロナのパンデミックがデジタルトランスフォーメーションを加速させ、リモートワークの大ブームを引き起こし、クラウドアプリケーションの採用が相次ぎました。これらのアプリのほぼすべてはLinuxを利用しており、これらのサーバーでの悪意のある攻撃者によるリスクは高まり、さらに攻撃に成功した場合の影響ははるかに大きくなります。