脆弱性とコンプライアンスを総合管理

セキュリティと利便性の両立

新型コロナウイルス対応でのリモートワークについての考慮点

Remote Support(Bomgar Remote)


リモートサポートツール

Remote Support

概要


Remote Supportは世界中で20,000社以上に採用されている、ITサポートスタッフやIT管理者向けの遠隔操作ツールの決定版です。
リモート接続は一般的にセキュリティや接続条件などが懸念される中、Remote Supportは大手金融機関やメジャーなITベンダー、政府、医療機関など広い範囲の企業組織で選択されており、遠隔でのエンドユーザーの支援や、対象デバイスの管理の効率を飛躍的に向上しています。
Remote Supportは、HTTPSでの接続だけで使用できる導入のしやすさや、多様なプラットフォームの対応、セッション中の操作を動画とログで記録できる監査性、役割に応じてきめ細かく設定できるアクセスポリシーなど、こんにちのリモートサポートで求められる要件を満たします。

特長


ツールの一本化


デバイス種類や用途により使い分けていた複数のツールを一本化

  •  多種のデバイスに対応
  •  有人 / 無人応答

Service Desk用に特化した設計


  •  ITSMやCRMとの連携
  •  詳細な役割設定
  •  環境情報の取得など

セキュアな設計


監査可能な動画記録とログ、暗号化された通信

複数の設置方法とライセンス形態


  •  オンプレミス(DMZ or 組織ネットワーク内)
  •  クラウド

機能


 セキュアなリモートサポート

パソコン、サーバー、モバイルデバイスを対象に画面と操作を素早く共有

 監視

セッション中の全ての操作を監査証跡となるログに記録し、リアルタイムなレポートも可能

 チャット機能

コミュニケーションの一助となるチャットをサポートスタッフとエンドユーザー間で使用可能

 連携性

既存のCRMやITSMシステムとの連携で投資した資産を有効活用