一覧

メインフレームのセキュリティ管理を簡単に!データセットや一般資源へのアクセス違反者を確認するには?

このシリーズでは、メインフレームのセキュリティ管理の中心になる、RACFデータベースやSMFデータで確認すべき情報や、その方法について連載します。さらに、Vanguardソリューションで個々の管理タスクをどのようにシンプルにできるかをご紹介します。 今回のお題はデータセットや一般資源へのアクセス違反者を確認です。

セキュリティ態勢強化への成功にとって「人間」が一番の障害

セキュリティはどの組織にとっても重要な要素です。しかし、多くの組織はさまざまな課題や脅威のために高いレベルのセキュリティを達成するのに苦労しています。その中で人為的なミスは、成功したセキュリティ体制への最大の障害です。今回はセキュリティ上のリスクの一つであるヒトという要因とソリューションによる自動化を考察します。

メインフレームのセキュリティ管理を簡単に!RACFシステムオプションの設定内容を確認するには?

このシリーズでは、メインフレームのセキュリティ管理の中心になる、RACFデータベースやSMFデータで確認すべき情報や、その方法について連載します。さらに、Vanguardソリューションで個々の管理タスクをどのようにシンプルにできるかをご紹介します。今回のお題はRACFシステムオプションの設定内容の確認です。

追加開催:防衛産業サイバーセキュリティ基準とNIST SP800-171の要件と準拠

防衛装備庁が「防衛産業サイバーセキュリティ基準」を令和5年度の契約から移行期間を最長5年に設定して適用すると通達しています。 この基準が米国NIST SP800-171を参考にしていることから、海外の主要なサイバーセキュリティ分野で先行する取り組んできたパートナー企業をもつ弊社へのお問い合わせが増えています。

Ridge Security Technology社、Global InfoSec Awardsで最も有望なサイバーセキュリティー・スタートアップ企業として快挙の受賞

米国Ridge Security社は、「最も有望なサイバーセキュリティースタートアップ企業」として認識され、さらにCEOのNick Mo氏が業界をリードするサイバーセキュリティ専門誌のCyber Defense Magazine誌から「次世代ビジョナリーサイバーCEO賞」を受賞しました。

WEBセミナー:防衛産業サイバーセキュリティ基準とNIST SP800-171の要件と準拠

防衛装備庁が「防衛産業サイバーセキュリティ基準」を令和5年度の契約から移行期間を最長5年に設定して適用すると通達しています。この基準が米国NIST SP800-171を参考にしていることから、これに関する情報を求めて、海外の主要なサイバーセキュリティ分野で先行する取り組んできたパートナー企業をもつ弊社へのお問い合わせが増えています。今回は、NIST SP800-171の要求事項と要件への適用方法を紹介します。

WEBセミナー:監視から始まるメインフレームのセキュリティ運用管理のアプローチ

メインフレームのセキュリティ対策を強化し、最新の脅威に適切に対応するために、どのような取り組みが必要なのでしょうか?今回はM/Fの運用管理やセキュリティ分野で30年以上にわたって支援してきた弊社ブロードが、最新のセキュリティ事情を踏まえて、皆様に有益な情報を共有するために開催いたします。

なぜ脆弱性管理からCTEMへと前進すべきか?

IT分野を中心に調査と情報提供を行うGartner社が提唱する Continuous Threat Exposure Management(継続的な脅威エクスポージャ管理、以降CTEM)がセキュリティ分野でより重要視されるようになっています。今回はそのCTEMの概説と、その実施を支援するソリューションをご紹介します。