WEBセミナー:CTEM実践を支援するAIを利用したペネトレーションテストの自動化

ブロード開催WEBセミナー

開催日時:(各回とも同一の内容です。)

  • 2024年7月26日金曜日 15時~15時30分
  • 2024年7月31日水曜日 15時~15時30分

WEBセミナーのテーマ

サイバー脅威の増大を受けて、日本の経済社会全体がその対策を急務と捉えています。

政府の「能動的サイバー防御」の検討は、サイバー脅威が増大している現状を反映し、金融庁、経産省、農林水産省、国交省などの複数の省庁が監督指針で侵入検査(ペネトレーションテスト)について言及するケースが増えています。

サイバー侵害の70%が脆弱性に関連しているため、実際の攻撃手法を模して脆弱性を特定するペネトレーションテストが有効です。

しかし、専門企業のサービスは順番待ちが常態化し、AIを使った攻撃に人手で対処するには限界があります。

ゼロデイ攻撃や設定ミスなど、脆弱性管理だけでは対応できない問題もあり、複雑化するIT環境では半年や一年に一度の検査だけで安全を確保するのは困難です。

このような状況から、CTEM(Continuous Threat Exposure Management)という継続的なアプローチが注目されていますが、適切なツールと計画が必要です。

そこで、AIを利用したペネトレーションテストの自動化が注目されています。新種の攻撃手口を自動的に早期に反映し、準備、実施、結果分析、報告などを自動化することが可能です。

今回のWEBセミナーでは、AIを使用したペネトレーションテストの最新トレンドや、自動化のメリットについてご紹介します。

お申込み

株式会社ブロードの個人情報保護方針にご同意の上お申し込みください。
各回とも同一の内容です。
2024年7月26日金曜日 15時~15時30分
2024年7月31日水曜日 15時~15時30分
*申し込みページは米国zoom社が提供するWebinarsサービスを利用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする