セミナー:自宅から世界中のシステムをセキュアにサポート!!ServiceNow®とも連携

今回のセミナでは次のことを実現したユーザ事例をお話いたします。・国内の在宅勤務者が世界中のシステムをセキュアなアクセスを実現 ・小売業界では、全国のPOSシステムのメンテナンスを中央から一括サポート ・情シス担当者が自宅からセキュアに社内のサポートを実施 ・VPNを使わずに、社内システムへのリモートサポートを実現

BeyondTrust、Oktaサポート部門への侵害を発見する

2023年10月2日、BeyondTrustのセキュリティチームは、社内のOktaの管理者アカウントで、IDを中心とした攻撃を検出しました。このインシデントは、Oktaのサポートシステムが侵入を受けた結果、Oktaのカスタマーがアップロードした重要ファイルに攻撃者がアクセスできるようになったことが原因でした。

従業員の業務用パスワードの保護がアイデンティティセキュリティの鍵

多様なアプリケーションでの業務アカウントとパスワードの共有・再利用が攻撃対象範囲の拡大を招く恐れがあります。攻撃者は詐取した資格情報で攻撃を拡大し、他のアカウントを悪用する可能性があります。Password Safeは、新たにWorkforce Passwordsを追加して企業がこうした問題に対処する支援をします。

RACFの潜在的なリスクを回避する

RACFでのアクセス権限設定の基本は、全てのリソースに対するデフォルトのアクセス権限(UACC) をNONEとし、必要な人にアクセス権限を設定する方法であり、UACC=READやUPDATEは避けるべきです。許可されていないユーザーやプロセスが、ID(*)やUACC設定によってアクセスを許可されているか判断できないからです。

RACFデータベースの棚卸

定期的に退職者のユーザIDを含むRACFデータベースの棚卸が行われますが、この際、権限レコードの削除を忘れないように注意が必要です。ユーザIDの削除だけではなく、存在しないユーザIDへの許可レコードも削除する必要があります。これを怠ると、新しいユーザIDの追加や復帰者の権限情報が自動的に紐付いてしまう危険があります。

BeyondTrustがまたやりました!2023 Gartner® Magic Quadrant™ の特権アクセス管理のリーダー

BeyondTrustは5年連続でGartner Magic QuadrantのPAM部門リーダーに認定され、3社中最高の実行能力を持つ1社に位置づけられました。市場適応力、強力な製品機能、満足顧客からの信頼が評価された証です。この連続認定はイノベーションへの取り組み、市場ニーズの理解、お客様への献身を反映しています。

LockBitマルウェア:最小権限の重要性を喚起する事件

LockBitはランサムウェア攻撃に使用される脅威の一つです。この脅威に対処するため、米国サイバーセキュリティ・社会基盤安全保障庁はサイバーセキュリティー勧告を発行しました。LockBitが多様な組織に攻撃を仕掛け影響力を拡大させている中、CISAの勧告は重要な指針となります。

2023年のアイデンティティセキュリティの現状:アイデンティティベースの脅威、侵害、セキュリティのベストプラクティス

IDSAの2023 Trends in Securing Digital Identitiesレポートによると、90%の組織が過去1年間にアイデンティティ関連の侵害を経験。このブログは2023年のアイデンティティセキュリティに関する包括的なガイドを提供します。

Vanguard Security & Compliance 2023、9月18日から4日間ノースカロライナ州シャーロットで開催

VSC2023が9月18日から21日までノースカロライナ州で開催されます。1986年以来、VSCは世界中のサイバーセキュリティの専門家を招聘し地域ベースのトレーニングコースを提供してきました。VSCは、エンタープライズセキュリティ分野のセキュリティとコンプライアンスの専門家を対象に高度なトレーニングを提供しています。

Investecのゼロトラスト戦略の鍵としてのPAMの活用方法

BeyondTrustがInvestecと協力してゼロトラストの達成をテーマにしたイベントが開催されました。Investecがゼロトラストを実現するための成功事例や課題、手法、ミスの回避策について紹介し、講演でのキーポイントもお伝えします。ゼロトラスト戦略の導入に関心のある企業に実践的な知識と安心感を提供することを目指しました。